新型コロナウィルス、インフエンザ予防にお灸のすすめ

大変な事になっていますね。これからしばらくは、避けられない事として、一人一人の感染予防対策が必要に迫られています。一般的な手洗いうがい、人込みには行かないなどは、皆さんわかっていると思いますので、鍼灸師として、お灸の勧めをしたいと思います。ドラッグストアでも簡易お灸は売っています。

言われるところある種の植物は、強力な香り成分により、自身を守っていると言われております。アロマの殺菌作用も知られています。お灸のモグサとは、ヨモギの葉の裏の毛を集めたものですが、ヨモギには古くから殺菌抑制、毒出し作用があると言われて来ました。それは現代も言われています。

漢方医は古代から、モグサを燃やして、その香りと煙で感染症を防いでいました。お灸には、温める作用、軽度のやけどをさせて免疫をアップさせる作用の他に、煙に感染を防ぐ作用もあったとのことです。迷信のように思う方もいるとは思いますが、何千年も積み重なる経験医学です。せめて予防の予防として、気休め(これ大事)としてでも、やって損はないと思います。中国の一部の病院では、モグサを焚いて、感染を防いているそうです。また検査や治療が間に合わないところでは個人的にいろいろな漢方が出回っているようです。

やれる事はしっかりやって、前向きに、がんばって乗り切りたいものです。一日でも早く落ち着くことを切に祈ります!

りらくしん整体 ☎ 019-643-6205 日曜定休 9:00~19:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です